FC2ブログ

ゆきげしょう

神奈川県横須賀市で開業している司法書士・行政書士事務所しらゆきリーガルフロンティア 所長によるブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOW?



折れない心



司法書士の有本です。

趣味は読書です。

本にも色々な種類があります。

マンガも本です。

学生のころは友人と競って読み漁っていました。

ほんの一例ですが、
ディアボーイズ、ドラゴンボール、幽遊白書、セーラームーン、キッシーズ、
ママレードボーイ、花より男子、ちびまるこちゃん、聖痕のジョカ、らんま2分の1、
ワンピース、烈火の炎、赤ちゃんと僕、バスタード、南国少年パプワくん、
山田太郎物語、封神演義、天は赤い川のほとり、蒼の封印、ヴェルサイユの薔薇、
火の鳥、あさりちゃん、すごいよマサルさん、稲中卓球部など・・・


しかし今はマンガは滅多に読みません。
高校卒業後、マンガ本を買った記憶がありません。
これについては自分でもなぜだかわかりません。
マンガへの熱い想いはあります。
一度でいいから、マンガ喫茶に行ってみたいとも思っています。
30歳になるまでに、是非行ってみたいと、ひそかに計画しています。


ところで、私はいわゆるハウツー本も、滅多に読みません。

ハウツー本とは、

「できる経営者の100の格言」

ですとか、

「株式投資  ここだけは押さえておきたいコツ」

ですとか、

「脱サラ成功者の10の特徴」

ですとか、

「幸せになる結婚生活の7つの法則」

ですとか、

要は、どうしたらそうなれるのか?(How To?)を書き連ねた実務本です。


【ウィキペディアより】
ハウツー(How-to)とは、何らかの作業をする方法や手順に関する非形式的な記述のこと。何らかのテーマに関するハウツーを集めた書籍をハウツー本と呼ぶ。
ハウツーは一般に初心者を助けることを意図しており、専門家が必要とするような詳細な情報は含まない。また、対象とする事物に関する様々な議論も排除して結論だけを記述することが多い。ハウツーはノウハウ(手続き的知識)の一部を構成する。
類似の文書形式として、FAQ、マニュアル、ガイドなどがある。





私はこの手の本は苦手で、
よほどの話題作か、知人に勧められたか、尊敬する方が読んでいるか、
そういう場合しか読みません。

(ハウツー本が好きな方や、執筆者の方がいらっしゃいましたら、すみません。
 批判や否定をする趣旨で書いているわけではありません。一個人の正直な感想です。)

こういう本には、確かにヒントになる個所もあるのですが、
大抵の本が、読んだだけで終わってしまうか、
著者との価値観の違いに苛立ったり、落胆します。

著者が独善的であったり、
扇動して「イズム」を押しつける方だったりすると、
読んでいて疲れてしまいます。

(もちろんそれは本が悪いのではなく、受け手である自分の未熟さゆえかもしれませんが)


私は、手順やコツだけを並べた本より、
それが架空であれ実在する歴史であれ、ストーリーがある読み物が好きです。

昔、ある方が、本が好きだという私に、

「100冊の本を読むより、100人の人に会って話をしなさい。
 その方が、人生の勉強になるよ。」

と教えてくださいましたが、
今思うと、ひょっとしたらその方は、
世に氾濫するハウツー本の実用性のなさに辟易していたのかな?とも思います。


100冊の本を読んだら、人はきっと、
それまでのままの自分から変わらずにはいられません。


物語は、体験させてくれます。

人の人生は一度だけ、自分だけのもですが、
物語は、他人の人生を自分の経験のように感じさせ、体験させてくれます。
人は物語を通じて何度も考え、何度も失敗し、何度も生まれ変わり、何度も人生を送り、
登場人物の目を通して自分もその景色を見て、感じることができます。
自分ではない他人の命の輝きと限界を知ることができます。


そして、物語は、影響します。

読んだことを後悔するような、悲壮な恋愛も、
何度読み返しても飽きないハッピーエンディングも、
文字通り氷が解けるように全ての謎が解けたミステリーも、
読んだ後に、なんとなく自分の一部になったような気がして、
日常生活の感情や思考に影響しているような気がします。


読書は、1冊たったの500円程度で、どこまでも世界が広がっていく、
大変コストパフォーマンスに優れた趣味です。
私は読書が大好きです。


現在、世界には、出版されているだけでも1億冊以上の本があるそうです。
私が仮に、あと50年間生きるとして、
1日1冊ずつ、毎日本を読んだとしても、
残りの人生で読み切れるのはわずか1万8250冊です。

実際には1日で1冊を読むのは無理で、何日か、何週間かかけて読みますから、
読める本はもっと少ないでしょう。

死ぬまでにあと何冊、読んで良かったと思える本に出会えるのでしょうか。

皆さまのお勧めの本があれば、是非、私にも教えてください。




さて。

冒頭の写真、「折れない心を作るたった一つの習慣」。

これは私がお勧めしたいハウツー本です。

昨年末か、今年の初めに、本屋に陳列されていたものを、
珍しくタイトル買いしたものです。

タイトル買いとは、内容のわからないまま、
本の題名やキャッチコピー、表紙の雰囲気だけ見て買うことです。

有本は悩みがなさそうでいいね、とよく言われますが、
私もたまにはこのような本を読まなければ乗り越えられない、
辛い時もあります。


しかしまあ、どんなに素敵なキャッチフレーズに励まされても、
結局は「忘れる」という自浄作用こそが、
メンタルヘルスの一番の特効薬のような気がしますが。

いつまでも、心身ともに健康でありたいですね。




【おまけ・有本お勧めの本】

アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎

アジアンタムブルー/大崎義生

世界の終りとハードボイルドワンダーランド/村上春樹

竜馬が行く/司馬遼太郎

アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス

荒野にネコは生き抜いて/G.D.グリフィス

源氏物語/紫式部

黄色い雨/草薙渉

罪と罰/ドストエフスキー

Zoo/乙一
スポンサーサイト

*Comment

源氏物語 

源氏物語全部読んだんですか、読書家ですね。お話とか上手なんだろうな。
  • posted by 末摘花 
  • URL 
  • 2012.06/19 18:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

司法書士 有本親子

Author:司法書士 有本親子
【事務所】
公式HP  http://www.i-shirayuki.net/
横須賀市米が浜通1-1-5
横須賀中央ダイカンプラザシティⅠ 1F
(ろうきんの目の前のマンション1階です。)
電話番号046-828-5712
FAX 046-828-5713
横須賀中央駅東口より徒歩5分
土日祝日も営業いたしております。


【経歴】
昭和58年新潟県の田舎で生まれる。
平成16年、18歳で神奈川に上京。
平成19年司法書士試験合格。
平成21年行政書士試験合格。
平成22年3月8日司法書士・行政書士事務所しらゆきリーガルフロンティアを開設しました。

【わたくしごと】
特技:折り紙
好きなこと:寝ること、食べること、読書と手紙を書くこと
苦手なこと:水泳と徹夜
行ってみたい場所:猿島、日光
好きな食べ物:からすみ、ピータン、あんきも、萩の月
嫌いな食べ物:ホヤ貝
好きな飲み物:お酒
嫌いな飲み物:甘酒
最近気になること:体重

最新記事

QRコード

QR

携帯からもどうぞ。

アクセスカウンター

ゆきげしょうを訪問されたお客様です。

「ゆきげしょう」のバナー

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。